So-net無料ブログ作成

【慌てず対処】車が浸水、水没したら… 

スポンサーリンク






走行可能水面はドアの下端まで!!

 最近は、台風以外にも突然の集中豪雨(ゲリラ豪雨)などで急激に川の水量が増えるケースが多くなっている。時には氾濫したり道の低い所に水がたまったりすることもある。福知山市でも2年続きの水害で多くの車が道路や駐車場で水没した。車を運転していて水害に遭遇したら要注意。むやみに水の中へ入ったりすると思わぬトラブルが起きる危険があり、冷静に対応できるよう予備知識をもっておくことも大切だ。


 車は、ある程度の浸水に耐えられるように設計されているが、一般的に走行可能とされる水深は、乗用車であればドアの下端(車の床面が浸からない程度)となる。このため、乗用車の場合、集中豪雨によって発生する冠水路の走行には注意がいる。

 立体交差して低くなっている道路、電車ガード下のえぐられている道路などスリバチ状の道路は、絶対に進入しないようにし、引き返して迂回しよう。

 実際の水深を測ることができないため、大丈夫だろうと思って進入して、思いのほかふかかったというような場合がある。しかし、車の床面以上の水深であっても、すぐには運転席に浸水してこないため、危険察知が遅れ、気づいた時には、車が浮いて前後に動かなくなってしまっているケースがある。


 そしてエンジンの吸気口が水を吸ってしまったり、排気管が水圧でふさがれてしまい、エンジンが停止し、そのまま立ち往生という最悪の結果にもつながりかねない。


 万が一、車内にまで浸水してしまった場合は、すぐに車を止め、あわてずにエンジンを停止させる。その上で避難経路を考える。


 いきなり車から飛び出すと、深みにはまる危険もある。足を浸けて水深を測りながら、ゆっくりと足をつき、深さを探りながら来た方向へ戻るように歩いて避難する。


 車両は水が引くまで放置し、その旨をJAFのロードサービスや販売店に連絡。「水がひいたからといって、車に乗り込みエンジンを掛けると、破損や感電の危険があるので、絶対にやめてください」と強調する。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます