So-net無料ブログ作成
ゲーム ブログトップ

俺の屍 俺屍 リメイク [ゲーム]


俺の屍 

通称「俺屍」!!!リメイク版続編が発売されることになりました^^



wikiより引用!!!


俺の屍を越えてゆけ』(おれのしかばねをこえてゆけ)は、


1999年にソニー・コンピュータエンタテインメントより発売されたプレイステーション用ロールプレイングゲーム。


通称「俺屍(オレシカ)」。ゲームデザインは桝田省治、開発はアルファ・システム。
 

平安時代の日本をベースとした独特の世界観やキャラクター、健康度に代表される独自のゲームシステムで知られる。


タイトルの由来は、週刊少年ジャンプの読者コーナーを担当している「どんちゃん」(井沢ひろし)が、桝田と喫茶店か


どこかで打ち合わせをしているときに、「なんていうかもう、俺の屍を越えてゆけって感じですよ!」とか話しているの


を聞いて、「あ、そのフレーズいいな。頂き」というわけで付けたタイトル名とのこと。 2007年2月22日からはゲーム


アーカイブスでダウンロード販売(当初はPSPのみ対応、4月26日よりプレイステーション3に追加対応)されている。


2011年11月10日に、PS版のスタッフによるPSP版リメイクが発売された[2]。また、公式サイトで続編の製作決定が発


表された。


<ストーリー>


平安時代、京の都は朱点童子を頭目とする鬼たちの襲撃によって壊滅寸前に追い込まれた。


事態を重く見た帝は勇士達を集め、朱点童子の住む大江山へと討伐に向かわせるが、


朱点童子に指一本触れることなく、ことごとく戦死した。 そうした中、お輪と源太という一組の夫婦が朱点童子の居


城・朱点閣へと迫っていった。


2人は奮闘するも、源太は朱点の罠にかかって討ち死にし、お輪も幼い我が子をタテに捕らわれてしまう。 


さらに朱点童子は一人残された幼子に2つの呪いをかける。1つは常人よりも数倍のスピードで成長し、生後わずか1年半


から2年以内に死亡する「短命の呪い」であり、もう1つは人と交わり、子を生すことができない


「種絶の呪い」である。


 一方で、地上の様子を憂いていた神々がこの一部始終を見て、


呪いをかけられた源太とお輪の子供に力を貸すことを決めていた。 


神々によって助けられた源太とお輪の子は天界から派遣された、


イツ花のサポートを受けつつ、神との間に子を生すことになる。そして、その一族は朱点童子打倒の悲願を達成するまで戦い続ける。

ゲーム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます