So-net無料ブログ作成
最新台風情報 ブログトップ

大型の台風第18号 最新情報 [最新台風情報]

[台風の現況と予想


大型の台風第18号は、

16日9時には飯田市付近にあって、1時間におよそ45キロの速さで北北東へ進んでいます。


中心の気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、


最大瞬間風速は45メートルで中心の南東側170キロ以内と北西側110キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。


また、中心の南東側650キロ以内と北西側460キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。


台風第18号は、今後関東甲信地方から東北地方南部を通過して、16日夜までには三陸沖で温帯低気圧に変わる見込みです。


[防災事項]<大雨・雷・突風> 


台風の通過に伴い、東海地方では猛烈な雨が降っており、滋賀県、福井県では記録的な大雨となっています。


京都府の特別警報は解除しましたが、これまでの大雨により土砂災害の危険度が高くなっているところやはん濫の危険性が高まっている河川があります。


 台風の通過や台風から変わる低気圧の影響で、東日本では16日夕方まで、北日本では16日夜にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る見込みです。




台風情報 最新 進路 18号 [最新台風情報]





 


  大型の台風18号は和歌山県の南の海上を北上し、近畿や東海では雨や風が強まっています。 


これから16日にかけて、関東甲信と東海、近畿では雨量が400ミリから500ミリに達する大雨となる見込みで、土砂災害や川の氾濫、暴風などに厳重な警戒が必要です。


 気象庁の発表によりますと、大型の台風18号は午後11時には和歌山県の潮岬の南南西200キロの海上を1時間に30キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。


 中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

 台風は進路を東寄りに変えながらこれから16日の朝にかけて近畿や東海にかなり近づき、

上陸するおそれがあります。 台風を取り巻く暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、


近畿や東海を中心に雨雲が発達しています。 京都府の京丹後市丹後付近では、レーダーによる解析で、


午後9時までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。 


午後10時半までの1時間には、三重県尾鷲市で61ミリ、奈良県上北山村で58.5ミリの非常に激しい雨を観測しました。 


これまでの雨で、徳島県と香川県、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、


それに三重県では土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があります。 


また、京都府や和歌山県、それに三重県では川が氾濫する危険性が高くなっている地域があります。 


風も強まり、津市では午後10時ごろに24.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。 


これから16日にかけて、四国から東北の広い範囲で雷を伴って非常に激しい雨が降る見込みで、


局地的には1時間に80ミリから100ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。 


16日の夜遅くまでに降る雨の量は、いずれも多いところで、


▽関東甲信と東海で500ミリ、▽近畿で400ミリ、▽東北で300ミリ、▽北陸で250ミリ、▽四国で200ミリと予想されています。


 台風が近づく地域では非常に強い風が吹き、関東と東海では猛烈な風が吹く見込みです。


 16日にかけての最大風速は、陸上では▽近畿で25メートル、


▽東海と関東甲信、


それに東北で20メートル、▽北陸と四国で18メートル、▽海上では22メートルから30メートルと予想され、最大瞬間風速は30メートルから45メートルに達する見込みです。 


九州南部から東北にかけての太平洋沿岸は大しけとなり、関東と東海、近畿では波の高さが9メートルと猛烈なしけになる見込みです。 


気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫、暴風、高波に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風、高潮による浸水にも十分注意するよう呼びかけています。

最新台風情報 大型の台風18号 [最新台風情報]

大型の台風18号は和歌山県の南の海上を北上し、近畿や東海では雨や風が強まっています。 


これから16日にかけて、関東甲信と東海、近畿では雨量が400ミリから500ミリに達する大雨となる見込みで、土砂災害や川の氾濫、暴風などに厳重な警戒が必要です。


 気象庁の発表によりますと、大型の台風18号は午後11時には和歌山県の潮岬の南南西200キロの海上を1時間に30キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。


 中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

 台風は進路を東寄りに変えながらこれから16日の朝にかけて近畿や東海にかなり近づき、

上陸するおそれがあります。 台風を取り巻く暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、


近畿や東海を中心に雨雲が発達しています。 京都府の京丹後市丹後付近では、レーダーによる解析で、


午後9時までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。 


午後10時半までの1時間には、三重県尾鷲市で61ミリ、奈良県上北山村で58.5ミリの非常に激しい雨を観測しました。 


これまでの雨で、徳島県と香川県、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、


それに三重県では土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があります。 


また、京都府や和歌山県、それに三重県では川が氾濫する危険性が高くなっている地域があります。 


風も強まり、津市では午後10時ごろに24.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。 


これから16日にかけて、四国から東北の広い範囲で雷を伴って非常に激しい雨が降る見込みで、


局地的には1時間に80ミリから100ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。 


16日の夜遅くまでに降る雨の量は、いずれも多いところで、


▽関東甲信と東海で500ミリ、▽近畿で400ミリ、▽東北で300ミリ、▽北陸で250ミリ、▽四国で200ミリと予想されています。


 台風が近づく地域では非常に強い風が吹き、関東と東海では猛烈な風が吹く見込みです。


 16日にかけての最大風速は、陸上では▽近畿で25メートル、


▽東海と関東甲信、


それに東北で20メートル、▽北陸と四国で18メートル、▽海上では22メートルから30メートルと予想され、最大瞬間風速は30メートルから45メートルに達する見込みです。 


九州南部から東北にかけての太平洋沿岸は大しけとなり、関東と東海、近畿では波の高さが9メートルと猛烈なしけになる見込みです。 


気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫、暴風、高波に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風、高潮による浸水にも十分注意するよう呼びかけています。

最新台風情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます