So-net無料ブログ作成

【感想付きシリーズ1】VW新トップにポルシェのミュラー氏 不正問題で交代

スポンサーリンク





独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は25日、最高意思決定機関である監査役会を開き、辞任の意向を表明したマルティン・ウィンターコルン会長の後任となる最高経営責任者(CEO)に、グループの独高級車メーカー「ポルシェ」のマティアス・ミュラー社長をあてることを決めた。
スクリーンショット 2015-09-26 22.03.40.png
 ミュラー氏は同社の記者発表文で、「最優先の課題は、フォルクスワーゲングループの信頼を取り戻すことだ」と語った。

 今回の排ガス規制をめぐる不正問題を受け、VWは何人かの社員を停職処分にしたことも明らかにした。

 ミュラー氏は1953年、ドイツ生まれ。独ミュンヘンの大学でITを学んだ後、VWグループのアウディに入り、重要車種の開発責任者を歴任した。2007年からは、VW車とブランドの世界展開の責任者になった。10年10月、ポルシェの社長兼最高経営責任者(CEO)に就任。62歳。



【感想】

車の大手メーカーでもこういった不祥事を起こしてしまう時代・・・。

あなたの車は大丈夫でしょうか??


100%安全がないですし、100%信用もできない事を位置づける報道ですね。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます